Top >  ロスカット

ロスカット

ロスカットの事を悪者のように呼ばれることもありますが、
実際にはロスカットが無かったほうがさらに怖いです。

ロスカットが無かったら、ハッキリ言って怖くて
レバレッジなんてまるでかけられません(笑)

では、いったいロスカットとは何なのか?
ということになりますが、日本語での俗称「損切り」と
なります。

なんだ、損切りだったらちゃんとやっているよ、と
思うかもしれませんが、FX業者が強制的にロスカットを
することになります。

ロスカットの例を挙げると・・・

証拠金の20〜30%(取引業者によって異なる)
になると、持っている通貨の一部やすべてを
決済してしまうことです。


なんだ、マージンコールと一緒じゃないの?と
思ったりするのですが、マージンコールは証拠金を
追加で入金することで解除できますが、
ロスカットは強制的に決済されてしまいます。

昔、株で信用取引して何千万円、何億円もの負債を
抱えたという話もよく聞きましたが、そういったことを
防ぐためにロスカットがあります。

いまでは株のほうも同じシステムとなっています。

よって、入金している証拠金以上に損をすることは
無いということですね。

このロスカットというシステムがあることで、
みんなが安心してFX取引をすることが出来るのですね。

FXのリスク管理

関連エントリー

・FX会社のリスク管理
・マージンコールとは?
・ロスカット