Top >  マージンコールとは?

マージンコールとは?

マージンコールについてお話しますが、
マージンコールは、預けてある保証金が50%を切った時点で
決済するか、もしくは追加保証金の拠出を求める
制度となっています。

業者によっては、自分で設定できるトコロもあり、
50%じゃなく、30%といったように変更できたりします。
あと、ロスカットはあるけどマージンコールが無い
という業者もありますね。

マージンコールの例を挙げるとこんなカンジです。

10万円の証拠金で20倍200万円のレバレッジを組んで
取引している場合、1ドル105円(105万円)で
買ったドルが100円(100万円)に下がったとき、
含み損は5万円ですから、証拠金の5割です。

この場合、FX業者は持っているドルを売って決済し、
損益を確定させるか、あるいは証拠金の追加を求め、
上の例で言えば、あと10万円上積みすることによって、
含み損の比率は25%に下げさせます。

以上のことからレバレッジの比率が高くなるほど、
ちょっと相場が変動するだけで、マージンコールが
発生することになるので注意しましょう。

マージンコールを何度も出すようであれば
一度、決済を済ませてしまって、どこがダメだったのか
修正した後にもう一度、再スタートを切ってみては
いかがでしょうか?

FXのリスク管理

関連エントリー

・FX会社のリスク管理
・マージンコールとは?
・ロスカット